賢く結婚式をあげて妻に満足してもらうためのたった2つの方法


 

370.7万円。

 

これは結婚式に関わる首都圏平均の費用です。

 

結婚式から披露宴のあの数時間でこれだけの金額が動いているのです。確かに結婚はライフプランの上でも重要な位置づけにあり、これから家を買ったり家族を増やしたりするまさに門出となる一大儀式であることは確かです。

 

しかし、本当にこれだけの金額をかける必要があるのでしょうか。

 

筆者は結婚式をできるだけ賢く上げる方法を探り、実に120万円以上の出費をおさえることに成功しました。

 

もちろん、食事をケチったり場所代を節約したわけではありません。料理は1流フレンチを振舞ったり、式を挙げる場所は妻が出た大学にある教会であげたり、ハネムーンではちょっと普通ではできないような贅沢をしたりととことんこだわりのある結婚式を行いました。

 

私たちの賢い結婚式とは、これまで当たり前だと思われていた「一生で一度」マジックによるマーケティングに疑問を投げかけ、「それっておかしいんじゃない?」「本当はそれいらないでしょう?」という考え方から削れるところを削ったというものです。

 

このページでは、妻に大満足してもらいつつ、無駄を省いて結婚式をできるだけ節約するためにどうしたら良いのかを具体的に書いていきます。

 

「結婚式=お金をつかって当たり前」はNO!!


結婚式は「女性の憧れ」です。これは永遠にそうでしょう。

 

いざ、結婚するとなり、女性があれもしたいこれをしたいと言った時に男性がそれはダメだと一つでも拒否してしまうと、女性は一生その拒否された事項を覚えているはずです。

 

それぐらい女性にとって結婚式は人生の一大イベントです。

 

ですが、重要だから、結婚式だから、という理由で何も考えずに金をつかってしまうのはNGです。それこそ大手のウエディング企業のプランそのままに受け入れて、オプションも全てくっつけて思考停止状態で結婚式の準備に望むことをはもう自殺行為と言わざるを得ません。

 

勉強や仕事面で賢いカップルでも結婚式や家を買うなどの一大イベントの時には、平均相場並みの出費を単にそのまま受け入れてしまい、ウエディング業界や不動産業者の提示するままにプランを組んでしまうことが多いです。

 

実際、ウエディング企業は最初に提示してくる、「必要最低限のものだけがついている」基本プランをまずは組ませて(これの値段はそれほど高くない)、その後に結婚式をグレードアップするためのオプションを数多く組ませます(これが高い!どんどん積み重なる!)。

 

しかも、散々高いオプションをつけた割に大したことのない挙式になってしまうことが多々あるのです。「結婚式だからこそ金を使う」のスタンスは、費用対効果の低い無駄なお金をつかってしまう第一歩です。

 

 

こだわるところは徹底的にこだわってお金を使う


「結婚式なんかにお金をかける必要なんかないわよ」


という類稀なる女性と出会えればどれほど幸せかわかりません。


しかし、先ほど申し上げたとおり、ほとんどの女性が結婚式になると平気でお金を使用してしまう傾向があります(泣)。無駄な金をほとんど使わない私の妻ですらあれしたいこれしたいはありました。


ただ、私の妻は適当に高いプランを組み合わせるのではなく、絶対に譲れない項目と手作りでもいいんでないかという項目を明確に分けてお金を使う区別をすることができる人でした。


妻が譲れなかったとことは次の場面です。

  1. 結婚式の式場(妻の母校で実施)
  2. 披露宴の食事(一流シェフレストランのオテル・ドゥ・ミクニ)
  3. ドレス選び(運命の1着を選ぶ)

彼女が頑として譲れないところ、上記3点を実現してあげさえすれば、その他の部分はそれほどお金をかけずともしっかり満足行く様子でした。


人によってどこにお金をかけたいか、こだわりポイントは異なるでしょうが、満遍なく「全て」にお金をかけたいという人はおそらくいないでしょう。(もし自分の妻がどうしても全てにお金をかけたいという人はもう諦めて泣くしかありませんが。)


大抵の女性は、その女性が本当にこだわりたいと思っている部分を、ピンポイントで最高に良質なものにしてあげることで満足のいく結婚式だと感じてもらえるはずです。


1 結婚式の式場(妻の母校で)


さて結婚式の式場ですが、この金額はどこでもそれほど高くはありません。私たちの選んだ式場は妻の出身校内にある聖堂でした。本物の牧師さんに結婚式を行ってもらうところにこだわりがあり、金額も決められた額でなく寄付という形だったので、平均的な寄付金額である12万円のみをを収めました。出身校で結婚式をあげたいというのは妻の希望としては優先度が一位でしたので、これは絶対に外せない条件でした。実際、満足度も高かったようです。


2 披露宴の食事(一流シェフレストランのオテル・ドゥ・ミクニ)


私たちが披露宴(レストランウエディング)でかけた金額は、披露宴でかける料理の金額でいえば少し高めでしたが、1流フレンチを振舞うことができたと思えば正直コスパは最高なのではないかと思いました。何より会場にきた友人や知人が料理が美味しかったと絶賛してくれていました(実際に私たち二人も食べましたが料理の演出も味も最高に美味しかったです)招待した人たちに満足してもらうためには、自己満足なものにお金をかけるのではなくおもてなしという意味合いを込めて料理を最高のものにするのが結果的にコスパが高い結婚式になるのではと個人的には考えています。


※私たちの披露宴で振舞ったオテルドゥミク二の料理


3 ドレス選び(運命の1着を選ぶ)


女性にとって、自分にもっとも似合った素敵なドレスを選ぶことは結婚式において重要事項のうちの一つだそうです。そのため単に高いドレスをきればそれで満足というものではなく、いろいろなドレス屋さんを巡って試着をして、本当に自分が似合うものを選ぶことで満足いく結婚式へとつながります。


なお、私の場合はドレス屋さん何軒か、妻について回りましたが、1日に10着以上の試着をした時もありました。すべての妻の試着についてまわり、1着1着その姿をみて感想を言ってあげることで妻もお気に入りの1着を自信をもって選べたようです。


こだわりのある部分にはお金と時間をかけて徹底的に選び抜くこと。

これこそが、しっかり妻が満足する結婚式をするための近道だと感じました。


私の妻の場合は、挙式会場・ゲストへ出す食事・ウェディングドレスでしたが、この3つだけは妥協することなく妻の思った通りにさせてあげました。その分、その他の項目は気兼ねなく、とことん無駄な費用をかけずに済んだのです。


ドレスにこだわった分、逆に手作りでもよいと妻が考えた項目はブーケなどの花、ウェルカムボードなどの小物、リングピローなどです。また、ゲストに渡す引き出物やプチギフトなどは、結婚式場から提示されたものは断り、できるだけ質を落とさないようなものを自分たちで選択し用意しました。(式場には申し訳ないですが、高い割に大したことのない内容のものが多く、自分たちで手配すればもっとコストパフォーマンスが高いものが容易できると確信したためです。)


譲れない点と譲れる点を明確に分けることで、お金を使う場所を明確にする、ここが結婚式費用を賢く節約するための最重要ポイントです。


単に節約で終わらない!浮いたお金で他の贅沢をするべし


もし節約を行い結婚式の金額が意外と安く済んだ、数十万円以上の金額を平均相場(ゼクシィ調べによると、首都圏の平均費用は341万円)より安くすることに成功したのなら、その分の金額でたとえばハネムーンでちょっとした贅沢を妻にしてあげると妻の喜びもひとしおとなることでしょう。

 

ちなみに私たちの場合には、首都圏の平均費用と比べ約100万円の節約ができたため、ハネムーンのイタリア旅行で結婚式&フォトツアーを実行しました。思い出は一生残るということで、どうせやるなら最高の体験をしようと思い、イタリアはローマのセントポールズ・ウィズィンザウォールズという教会で式を挙げ、そのままローマの街並みをバックにフォトツアーを行いました。(私たちの場合は、ハネムーンとイタリア挙式を先にやり、日本の結婚式が後でした。)

つまり私たちは2度結婚式を行ったことになります。1度目はイタリアで二人で、2度目は日本で身内・友人を呼んでのアットホームな挙式。

 

これは最高の体験となりました。想像以上に妻に喜び、私自身本当に楽しい思い出になりました。このような挙式・フォトツアーでなくても、たとえばハネムーンのホテルは最高級のもので贅沢を味わうとか、色々考えると出てくるはずです。

 

節約したのに、これじゃ節約になってないなあとも思うのですが、最高の思い出に支払ったと思うと安いものです。ものではなく、「体験にお金を払う分にはケチらない」が自分たちのモットーなので、思い出作りにはこれからもお金を惜しまずにやっていきたいなと思います。

 

※下記はイタリアでの、私たちの写真ツアーの風景です。



まとめ


結婚式には時間とお金がかかります。本当に心底疲れてしまいます。

 

しかし、結婚式は女性のものなので、女性の願いをとことん聞いて本当にやりたいことを突き詰めてあげることで、かえって無駄な出費がなくなったりします。無駄な出費がなくなると新たな発想により、より思い出深いイベントを行うこともできたりするので、これから結婚しようとしている方はぜひ参考にしてみてください。