ブログ記事 テーマ別アーカイブ


ブログ記事 アーカイブ


ブログ記事(2015年12月)


kindle paperwhite(ニューモデル)到着!

あたらしく購入したKindleが到着しました。

 

私は読書もしますが、これまでは様々な書籍を大きめな本棚にしまっている形でした。しかし、ちょっと前に思い切って断捨離を実行して紙媒体の本をほとんど売却(電子化されていない書籍は除く)し、部屋を広々と使用することに成功しました。

 

その後、アイフォンやアイパッドなどで電子化された書籍を楽しんでいましたが、目に優しい読書専用の端末がほしいということと年末の2000円引きキャンペーンも行っていたということで今回あたらしくKindleを調達した次第です。

 

続きを読む

お酒をもらえる株主優待15選まとめ

今年もあと少し、もう年末ということもお酒が美味しい時期となりました。私も妻もお酒は好きでたしなむ程度に飲むことが多いです。

 

そこで今回は株主優待でお酒を進呈している企業はどれくらいあるのかをピックアップして表にしてみました。

 

あくまでお酒を進呈しているという点に焦点を絞って選んでいるので、業績等は考慮していませんが、優待を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

 

※スマホの方は画面を横にすると表が綺麗に見えると思います。

続きを読む

優待ただ取り(クロス取引)をやってみた!

今週金曜日は、12月末権利の優待を取得するための最終売買日でした。

 

株式投資をする上で、株主優待をもらうというのも結構楽しいものなので、自分たちはいろいろな株の優待をもらうようにしています。

 

ただ、優待は最終売買日の翌日(権利落ち日)に大きく値下がりするのものあるため、もらえる優待の金額よりも大きく損をしてしまった、ということがないように注意も必要です。

 

権利日よりもかなり前に株を購入しておくケースも多いですが、それとは別に優待ただ取りという裏技的方法があります。

 

これは、簡単な3ステップを踏むことで優待を実質タダでゲットしようというものです。

 

今回は、この方法にてヒューリック(3003)の株主優待をもらうクロス取引(優待ただ取り)をためしてみました。 具体的に解説していきます。 

 

※優待投資における醍醐味は、優待を通常の投資でもらうことと値上がり益を得ることです。クロス取引はあくまでサブ的に使うことをお勧めします。

 

続きを読む

加湿器の電気代と種類別のメリットデメリット徹底比較

我が家に今日、新しい加湿器が来ました!

 

乾燥から来る喉の痛みが気になっていたので、これで快適に過ごせると良いなと思っています。今回購入したのは、気化式で電気代もエコ、見た目もおしゃれなバルミューダ社製のレインというモデルです。

 

なぜこのタイプにしたのか、また加湿器を選ぶ上で気になる電気代と種類別のメリットデメリットについて、まとめて行こうと思います。

続きを読む

日本スキー場開発(6040)が株式分割と優待拡充(実質2倍)を発表!

画像:日本スキー場開発HPより
画像:日本スキー場開発HPより

日本スキー場開発(銘柄コード6040)が大引後に1対2の株式分割とそれに伴い優待内容の実質拡充を発表しました。

 

実質、優待の利回りが2倍になるという株主にとって嬉しい内容であったため、自分の健忘録のためにも記事にしておこうと思います。

 

当社は白馬八方尾根など国内有名スキー場を運営しています。日本駐車場開発の子会社です。優待として、以下の2点がもらえるようです。

 

優待※7月末 100株保有

(1)グループ運営スキー場の割引チケット5枚(1枚で4名利用可)

(2)1日駐車料金30%割引券5枚

 

現在の株価を考えると、100株保有で39万円以上の金額を出さないと優待はもらえませんが、分割後であれば100株保有で20万円程度(現在株価で計算)で優待がもらえることになりお得ですね。

 

ではさっそく株価データを見てみることにしましょう。

続きを読む

アイスタイル(3660)株式分割発表!!

(アイスタイルHPより)
(アイスタイルHPより)

 女性向け化粧品の口コミサイトを柱としているアイスタイル(3660)が、12月22日、1対2の株式分割を発表しました。

 

分割基準日は、1月31日。アイスタイル(3660)は、今年の年初来安値240円から、既に10倍近くカチ上げてきている好業績銘柄です。外国人の注目度も高く、一年近く前の四季報、15年第2集時に比べ、最新の15年第1集の新春号では、5%外国人保有率が高まっています。

 

また、年1回、6月に株主優待を実施している銘柄でもあり、今回の分割に伴い優待がどうなるのかも気になる所です。では、株価データ及び今回の発表内容について見てみましょう。

 

続きを読む

ティーライフ(3172)が立会外分売を実施!

お世話になっているなた豆茶ブレンド。おいし~ですよ^^
お世話になっているなた豆茶ブレンド。おいし~ですよ^^

ティーライフはPB健康茶、化粧品などをカタログ、ネットで販売している企業。12月22日の本日、立会外分売が終了しました。

 

筆者もティーライフさんにはお世話になっておりまして、横の写真にあるなた豆茶ブレンドは良く飲んでいます(冬場、喉が乾燥したときなんか効き目抜群!)

 

ちなみにティーライフは、7月末に株主優待を実施している優待株式でもあります。優待内容は、100株で1000円相当、500株で2000円相当、1000株で3000円相当の自社商品券をもらえます。

 

本ホームページでは、立会外分売に関しては立会外分売と東証一部昇格のページで立会外分売の実施と東証一部昇格の関係性を別途詳しく書いていますが、立会外分売を実施する銘柄で、あまり東証一部昇格期待がないようなものであっても、業績が悪くなく、優待内容に魅力がある(人気がある)ものは買いのチャンスだと思っています。

 

今回は私は分売での購入でなく、分売後の一時的な下落を狙って買おうと分売価格以下で指値をしておりました。

 

分売の内容とその後の値動きは以下の通り。

 

続きを読む

ティラド(7236)が優待の新設を発表!!

(ティラドHPより)
(ティラドHPより)

 本日大引後に、輸送用機器メーカーのティラド(7236)が優待の新設を発表しました。日系自動車・建機メーカー向けにラジエーターなど熱交換器を製造しています。

 

東証一部のため指定替え狙いの優待新設ではないですが、優待内容の良さによっては今後優待狙いの買いも入ってくるのではないでしょうか。

 

 

さて詳しい優待内容と現在の株価データ等を見てきましょう。

続きを読む

カワタ(6292)が記念配当と優待の拡充を発表!!

(カワタHPより)
(カワタHPより)

 2015年12月18日、カワタ(6292)が記念配当の株主優待の拡充を発表しました。

 

カワタは、ゴム・プラスチックをはじめとしたあらゆる素材の加工機器やシステムの製造販売をする企業。

 

現在は東証二部に上場しており、今回の優待拡充はこれから東証一部昇格へと向けた一つの施策かもしれません。

 

それでは記念配当、優待内容を確認して現在の株価データを詳しく見ていきましょう。

 

続きを読む

綿半ホールディングス(3199)東京一部指定承認発表!

ホームセンター事業と建設事業を2本柱として展開している綿半ホールディングス(3199)。12月18日、東証一部への市場変更指定承認が降りたというIRを発表しました。 (東証一部上場予定日は、12月25日(金))。

 

綿半ホールディングス(3199)は、2014年の12月24日に、みずほ証券主幹事で東証2部に直接新規上場していた銘柄です。

 

この銘柄は、ご存じの方も多いかもしれませんが、東証一部昇格発表の「本命日」が12月17日だったことがあり、その日は大幅上昇。一転7昨日の場中は発表がなかったことによる失望売りと思われる売りが降ってきて下がっていました。

 

今回は、東証一部昇格がある程度予想できる銘柄の予想方法と注意点についてまとめたいと思います。

続きを読む

OATアグリオ(4979)東京一部指定承認発表!

農薬や肥料の開発・製造及び限られた耕作地で作物をたくさん作るための食糧増産技術(アグリテクノロジー)を事業とするOATアグリオ(4979)。12月17日の今日、東証一部への市場変更指定承認が降りたというIRを発表しました。

 

11月14日にライドオン・エクスプレス(6082)が東証一部への市場変更(昇格)発表をした際、ブログにてその時点付近で立会外分売実施の発表をしている銘柄の中でも、OATアグリオ(6979)に東証一部昇格期待の銘柄として注目しているとコメントしていました。

 

そのブログを書いた時点では、こんなにも早く昇格発表されるとは思っていませんでしたが、自分が注目していた銘柄が無事承認されたと聞くと、他人事ながらうれしい気がします。

 

今日は、OATアグリオ(4979)意外にも複数銘柄、東証一部昇格の発表をしていますが、東証一部昇格銘柄を予想した際に注目していた点について簡単にまとめたいと思います。

 

 

続きを読む

優待利回り実質2倍の発表!ALサービス(3085)とIBJ(6071)

 アークランドサービス(銘柄コード3085)とIBJ(6071)が大引後に優待内容の変更を発表しました。

 

変更理由は2社異なるのですが、いずれも実質、優待の利回りが2倍になるという株主にとって嬉しい内容であったため、自分の健忘録のためにも記事にしておこうと思います。

 

アークランドサービス(ALサービス、コード3085)はかつ丼の専門店、「かつや」が主力の外食ビジネス企業、株主優待として食事券を提供しています。

 

一方IBJ(6071)は婚活サイトを軸に婚活サービスを展開している企業で、株主優待はクオカードと自社サービス入会金や利用料無料優待券などを配布しています。

 

筆者はいずれの株もまだ保有してはいないのですが、今回の事例を基に、株主優待の利回りがいきなり2倍になるケースはどんな時なのか?適時開示情報をパッと見ただけでは気が付きにくいポイントについてまとめたいと思います。

 

続きを読む

会社四季報2016年新春号が到着!

会社四季報2016年1集 新春号
会社四季報2016年1集 新春号

 

本日、東洋経済新報社の会社四季報最新号が届きました。


正式に書店に並ぶのは明日14日(月)ですが、私の場合は「定期購読」をしているので前日に届きます。


この、「前日に届く」というのは意外と重要で、時間はかかりますが、写真のように全てのページに事前に目を通し、いち早くより良い銘柄に目星をつけ、動き出す前に買うのに役立ちます。


良い銘柄と言うのは、四季報発売前にとっくに上方修正を出していたり、四季報オンラインで事前に良い四季報業績予想を出しているので、既にある程度上がっているケースは多いのですが、それでも、紙ベースの四季報でしか見られない業績予想指標があったり、見落としていた良い銘柄発見の役に立ちます。

 

紙の四季報が発売する前に業績予想を見られる四季報オンラインの活用方法については、別途入門から応用へ!会社四季報の読み方と四季報オンラインの使い方全まとめで詳しく書いています。


私は四季報オンラインの有料会員になっていますが、こうして紙の四季報も定期購読しているのには理由があります。そこで、投資をする上で役に立つ紙の四季報の良さ具体的な4つのポイントについて今日は語りたいと思います。


続きを読む

ミサワ(3169)株主優待内容の変更を発表

 ミサワ(銘柄コード3169)が12月9日大引後に優待内容の変更を発表しました。

 

ミサワは、「unico」ブランドで家具・雑貨など展開している企業で20〜30代の女性が中心顧客です。レストランなども同時に展開しているので株主優待なども大変ユニークなものとなっています。

 

筆者もミサワ株は優待目的に300株保有しています。さてどのような変更がなされたのかを見ていきましょう。

 

続きを読む

ヨシックスの二部上場、株式分割、株主優待内容の変更、分売実施に関して

 ヨシックス(銘柄コード3221)が12月3日大引後に東証二部への市場の変更、株式分割、優待内容の変更、分売実施などを発表しました。

 

去年の年末に上場した後、2015年半ばからは右肩上がりの上昇トレンドを描いてきたヨシックスにとってさらなる応援材料が出てきたわけです。

 

この記事では、ヨシックスという企業の魅力と今回の市場や優待内容の変更、分割や分売の内容をまとめていきます。 

 

続きを読む

アトム(7412)の株主優待が到着!

 

 本日、アトム(7412)の株主優待のお知らせが到着しました。

 

内容は、自社グループ店舗で使用可能なポイントについてです。(ポイント自体は18日に付与されます。)

 

アトムは優待投資の好きな人なら一度は買ったことがあるくらい、ザ優待投資銘柄です。

 

利回りが高いだけでなく1ポイントから使用が可能な使い勝手の良さも人気です。

 

(つづく)

 

 

 

 

続きを読む

フジオフードシステム(2752)を立会外分売で購入!

気軽に入れるセルフ方式の大衆食堂「まいどおおきに食堂」、これまたセルフ方式の気軽な串揚げ店「串家物語」などの出前事業を展開しているフジオフードシステム(2752)。12月2日の本日、立会外分売が終了しました。

 

フジオフードシステムは、12月と6月に権利確定の株主優待を実施している優待銘柄です。

 

優待内容は食事券または自社関連商品(コシヒカリ米、オリジナルカレー、コーヒーセット等)で、100株の保有で3000円分×年2回、計6000円ぶんもらえます。配当も次回の予定は30円であるため、100株で年間9000円ゲットできる銘柄、ということになります。

 

本ホームページでは、立会外分売と東証一部昇格のページで立会外分売の実施と東証一部昇格の関係性を別途詳しく書いていますが、立会外分売を実施する銘柄で、あまり東証一部昇格期待がないようなものであっても、業績が悪くなく、優待内容に魅力がある(人気がある)ものは買いのチャンスだと思っています。

 

今回フジオフードシステム(2752)を買おうと思った理由についてと、当落結果について書こうと思います。

 

続きを読む

ライドオン・エクスプレス(6082)を立会外分売で購入!

「釜虎」、「銀のさら」などの出前事業を展開しているライドオン・エクスプレス(6082)。12月1日の本日、立会外分売が終了しました。

 

11月20日に東証一部への市場変更(昇格)発表をした後、保有していた株価(とは言っても優待目的だった100株)を東証一部IRへの好反応上昇時に売り、その後ずっと様子を見ていました。

11月24日に立会外分売実施を発表、もともと欲しかった優待株(しかも好業績、権利月は年1の3月でまだ余裕あり)ですので買わない手はありません。

 

立会外分売と東証一部昇格のページで立会外分売の実施と東証一部昇格の関係性を別途詳しく書いていますが、私は、立会外分売を利用する際に一部昇格期待がある銘柄の買い以外に、株主優待を実施している銘柄の買いチャンスでもあると思っています。立会外分売は、東証一部昇格を狙っている企業が実施するケースがありますが、いつ東証一部になるかは分かりません。ですが、立会外分売を実施していて且つ株主優待もある銘柄の場合、優待という特典をもらいながら待つということもできるからです。

 

ちなみに、立会外分売は、人気の銘柄の場合なかなか当選できないケースもあります。ですが、ちょっとひと工夫をすれば当選確率を2倍、3倍とアップさせることができます。今日は、立会外分売で配分をもらう、当選するためのただ一つでいて最も重要なポイントについて書こうと思います。

 

続きを読む
「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図
「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図

 

管理人:たにやん

職業:投資系ライター兼個人投資家

趣味:ロードサイクリングと旅行と温泉

特技:料理(大抵の物は作れます)

保有資格:2級ファイナンシャルプランナー

早稲田大学法学部卒の元証券ディーラー。株主優待株などイベント投資系の値動きや好業績株の上昇をとらえた中期投資に自信あり。ヤフーファイナンスにて投資の達人として活動中。取材・執筆依頼歓迎。