財務諸表の入門〜投資先として安全な企業を知るための必須知識


投資先を考えるときに企業の利益が伸びているかどうかやその企業の商品・サービスがこれから伸びるかどうかを考えることが大事なことですが、それと同じくらい大事なことに企業の健全性を把握する戸言うことがあります。利益の出し方に無理がないかどうか、企業の中身が危ない状態になっていないかどうかを確認するということです。そしてそれをするには「財務諸表」の知識が少なからず必要となります。


財務諸表。。。


この言葉を聞いた瞬間に、なんとなくむずかしそうだなと感じる人も多いのではないでしょうか。かくいう私も財務諸表に関しては長らく敬遠していました。


企業の業績発表があっても利益率がどれだけ伸びたかとか、アナリストの事前予想に比べてどうかという点にだけ着目し、その企業の資産のバランス(健全性)までに目を通すことをしていませんでした。


しかし、財務諸表をしっかりとみることで投資をすべき企業か危ない企業か、そしてなによりこれから伸びそうな有望企業を見分ける可能性が高くなるということもわかったのです。


財務諸表は堅苦しく、小難しい数字がズラーッと並んでいるため、正直ちょっと無理だわーと思ってしまいますが、投資をする上で使える場面も多くあるのを知っておくと役立ちます。


ここでは財務諸表の基礎とその具体的な見方を書いていきます。


財務諸表は3種類


企業はそれぞれなんらかの事業活動を行っていますが、その事業活動にはいろいろな数字が絡んでいます。


商品在庫、人件費、利益、借金、手元にある資金、減価償却費、キャッシュフロー・・・


と、あげればきりがないですが、それらの企業に関連する数字を見やすいように表にまとめたものが財務諸表です。ちなみに財務諸表には以下の3つのものがあります

  1. 貸借対照表
  2. 損益計算書
  3. キャッシュフロー計算書

この3つを合わせて財務三表といいます。それぞれどんなものか見ていきましょう。


貸借対照表


企業は基本的にはお金を借りて事業を起こし、そのお金をなんらかの形で活用して事業を推進していきます。


貸借対照表は、借りたお金と事業で使用しているお金を対照させることでお金の使い道のバランスを見ることができます。


たとえば銀行から借りたお金はどれくらいあるのか、株主から出資してもらっているお金はどれくらいあるのか、余っている利益がどれくらいかなどを計算します。その資金を現在資産として何に利用しているのかを照らし合わせるのです。それはすぐに現金化できる資産だったり、土地のような固定資産だったりします。


このように貸借対照表は、借りたお金と事業で使用しているお金を対照させることでお金の使い道のバランスを見ることができます。

 

では具体的に実際の貸借対照表を見てみましょう。銘柄コード7203トヨタ自動車の貸借対照表です。まずは貸借対照表の向かって左側資産の部です。

このケースでは資産の部は「流動資産」「長期金融債権、投資及びその他の資産」「固定資産」の3つのパートに分かれています。

 

赤い枠で囲まれているところが流動資産です。1年以内に売却できる資産のことですね。現金や有価証券に加えて、棚卸し資産なども入ります。

 

次に黄色い枠ですが、長期の金融資産とトヨタの投資した資産などが記載されています。その他の企業の有価証券の変動により値が動きます。

 

最後に緑の枠です、固定資産となります。土地や建物、機械などがこれにあたります。

 

この資本の部は、次にご説明する負債の部や純資産の部における借りてきた資金などをどう使っているのか、その使い道を表すものです。

 

こちらは貸借対照表の向かって右側、負債の部と純資産の部となります。まず負債の部ですが、1年以内に返済する必要のある流動負債とその必要のない固定負債に分かれています。


赤枠が流動負債です。この流動負債の数字が流動資産に比べて大きいと安全性が低いことになります(流動比率※後述)。


緑の枠の固定負債は長期借入れ債務や従業員への年金未払い退職金がこれにあたります。


黄色い枠は、株主からの出資金やこれまで企業が出した利益を積み重ねた利益剰余金、自社の株式を取得した自己株式などになります。この純資産が多い方が企業の安全性は高くなります。逆に銀行からの借り入れなど有利子負債や流動負債が多いと企業の安全性は低いことになります(有利子負債比率 ※後述)


損益計算書


損益計算書とは企業の活動により生じる利益を損失を一発で把握するためのものです。


よくニュースで、ある企業が売上高が~%アップしたとか、純利益が~%減ったとかいうのはこの損益計算書上で産出されます。


売り上げ高や利益など企業活動の結果が一発でわかる表なので、別の言い方をすれば企業の通知表と言えるものです。企業の収益性をはかるために使用されます。


基本的には上から順位に次のように利益の見方が構成されています。

  1. 売上高(売上総利益)・・・売れた総金額(原価を引くと売上総利益)
  2. 営業利益・・・販管費と呼ばれる売り上げを上げるための費用を引く、いわゆる本業の利益
  3. 経常利益・・・本業以外の利益や損失を加味すると出てくる利益
  4. 純利益・・・不定期に起きる特別な利益や損失を加味すると出てくる最終の利益

(※IFRSでは経常利益はない。最近はJPX400の組み入れ要件となっているIFRS方式の会計に切り替える企業も増えてきている)


となります。これらを通してみることで企業の利益が今どういう状態かを判定するものです。具体的にトヨタの損益計算書を見てみることにします。トヨタの会計は国際会計基準(IFRS)になっているので、経常利益はありません。


まずは一番上の赤い枠ですが、売上高の項目になっています。トヨタの場合、ここに金融収益が入ることがわかります。

 

次の黄色い枠ですが、先ほどの売上高から(売上原価および販売管理費)を差し引きます。また、ここに金融費用の支払いが含まれます。ここにて営業利益が算出されます。営業利益は、いわゆる本業で稼ぐ力を見るための利益です。

 

次に緑枠です、利息や配当の受け取り、利息の支払い、為替差益などの調整を行い、税引き前の当期純利益を算出します。その後、法人税、持分法投資損益などを引いたり加えたりして最終利益を出します。

 

最終利益を発行済の株式数で割ると、1株あたりの利益が算出されます。この1株あたりの利益はEPSとも呼ばれ株価をこの数値で割ることで、現在の株価の割安度合いを図るためのPERが算出されます。

 


キャッシュフロー計算書


キャッシュフロー計算書は文字通り、お金の流れを示したものです。

 

手元にいくらお金が残っているのか、自由に使えるお金はどれくらいあるかなどを示したものとして大変重要なものです。企業の家計簿のようなもので、企業の安全性などをはかるために使用されます。

 

キャッシュフロー計算書は軽視されがちですが、意外と重要です。なぜなら企業は利益が上がっていても手元の資金がなくなることでつぶれてしまうこともありえるからです。いわゆる黒字倒産というものです。

 

キャッシュフローは次の3つのキャッシュフローにより構成されます。

 

1 営業キャッシュフロー(下記赤枠)・・企業活動により得られたキャッシュ(マイナスだと悪い)

2 投資キャッシュフロー(下記緑枠)・・設備投資に利用・もしくは設備を売却したキャッシュ

3 財務キャッシュフロー(下記黄枠)・・銀行からの借り入れ・返済などに利用したキャッシュ

 

その後で、企業が保有する現金と現金同等物の金額が記されます。

 

フリーキャッシュフロー・・営業キャッシュフローから投資キャッシュフローを引いた数値で企業が実質的に自由に使えるお金のこと

 

 

となります。



証券ツールでもみれる財務情報


下記はマーケットスピード(携帯版)の銘柄情報の四季報情報です。さすがに財務三表をそのまま載せるわけにはいきませんので、内容を凝縮して載せています。


こちらは貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書に分かれているわけではなく、指標等、キャッシュフロー、財務に分かれています。まずは内容を見てみましょう。



財務三表の内容がコンパクトにまとめられていることがわかります。それぞれ大きな項目の数字を掲載したり、指標をそのまま載せているだけなのでその中の数字が一体どのようになっているのかまでは確認できません。


これだけの情報でも大まかにトヨタの財務情報の大枠を捉えることができますが、財務の上級者になるにはもう一歩踏み込んで財務三表が具体的にどうなっているのかを確認することが大事かと思われます。


おぼえておきたい財務指標


財務の数字から導かれる数字には色々なものがありますが、特に大事だなと思うものをご紹介します。


  • 流動比率
  • 自己資本比率
  • 有利子負債比率

流動比率


1年以内に現金化することのできる資産を流動資産といいます。また1年以内に返済する必要のある負債を流動負債といいます。流動比率はこの2つを使って算出される企業の安全性を図るための指標です。公式にすると以下のように表示されます。


流動比率=流動資産÷流動負債×100


この数字が高いほど、企業の安全性は高いと判断できます。数字が100であればちょうど流動資産と流動負債が釣り合っているということになりますが、一般的には100付近の数値ではちょっと危なく、200以上あると安全性は高いと言えます。

自己資本利益率


自己資本比率は、企業が持つすべての資産に対して自己資本がどれくらいあるのかを割合で示したものです。企業の安全性を測るために利用されています。そもそも資本とは、株主から出資された自己資本と銀行などから出資された他人資本に分かれます。自己資本と他人資本を合わせたものが総資産なのです。


公式にすると以下のようになります。


自己資本比率=(自己資本÷総資産)×100


数字が高いと健全性は高いということになります。70%ほどあると優良な企業だと一般的にはみなされています。

有利子負債比率


有利子負債比率とは、自己資本に対する有利子負債の割合の事をいいます。先ほど自己資本とは株主から出資された資本とお伝えしましたが、この自己資本に対して銀行からの借金や社債などの利子をつけて返す必要のある有利子負債の割合を見るのです。


公式にすると以下のようになります。


有利子負債比率=有利子負債÷自己資本×100


この数値は一般的には低いほど健全な経営がなされていると判断されます。有利子負債がゼロの会社もたくさんあります。企業を選ぶ際には、利益率だけでなく借金という面からも判断したいところですね。


まとめ


財務の見方や指標ももちろん大事ですが、より大事なのは「なぜそのような財務状態になっているか」ということ。


数字上の字面に惑わされないように、しっかりと会社の意図を汲み取って判断する姿勢が大事なと感じます。企業が出す決算報告書の中には、上記の財務三表の他にも、様々な情報が記されています。そのような情報の中に投資に役立つ情報が載っていることも。


投資をする際には財務にまでしっかりと目を通して投資をする姿勢を身につけたいものです。