オーナーズカード(株主特典カードや優待)をもらえる株主優待10選まとめ


企業が提供している株主優待の中で人気なジャンルに「オーナーズカード」があります。オーナーズカードは、買い物金額から数%ディスカウントされるなど使いようによっては非常にお得です。

 

そこで今回は株主優待でオーナーズカードを進呈している企業はどれくらいあるのかをピックアップして表にしてみました。

 

あくまでオーナーズカードを進呈しているという点に焦点を絞って選んでいるので、業績等は考慮していませんが、優待を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

 

※スマホの方は画面を横にすると表が見やすくなります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
権利月

銘柄コード

銘柄名 株価

必要

株数

必要金額(万円)

1回分の優待内容(権利が2回の優待は下記×2回)
2・8月 8267 イオン 1440 100

14.4

買物返金優待カード(3% )
500株:4%
1,000株:5%(2月は2,000円のギフトカード)
3,000株:7%(2月は6,000円のギフトカード)
※半期100万円が買物金額の限度
2・8月 8244 近鉄百貨店 284 1000

28.4

買物優待カード(10%割引)
※食料品等は5%割引(一部除外品有)
志摩スペイン村「パルケエスパーニャ」パスポート優待券(約20%割引)2枚
自店レストラン街優待券(5%割引)5枚等
2・8月 8233  高島屋 887 1000 88.7 株主優待カード(10%割引)
※一部除外品有
※優待カードの提示により各店の有料文化催事に3名まで無料入場可
2・8月 2798 ワイズテーブルコーポ 2435 100 24.35

5,000円相当の株主優待券(1,000円×5枚)
※2月のみ、利用料10%割引になる「XEX MEMBERS CLUB(株主向け)」会員証を3年以上継続して保有した株主のみに贈呈

2・8月 8251 パルコ 857 100 8.57 株主優待クレジットカード(5%割引)
※希望者に発行、要事前審査、国内店舗で利用可、有効期限:翌年度5月末
優待券1枚(1,000円の買い物券、または自社施設内映画館での映画観賞券として利用可)
※2月のみ、  4,000円相当の買物優待券(100円×40枚)進呈(「大丸」・「松坂屋」で2,000円(税込)以上の買物につき2,000円ごとに1枚利用可)
2月 8237 松屋 778 100 7.78 買物優待カード(10%割引)
※一部除外品有。セール品・食料品・レストラン等は2%割引
※銀座店の有料文化催事入場可(本人・同伴1名無料)
※松屋グループの飲食店等も優待割引(5%割引)利用可(一部除外店舗有)
3・9月 3099 三越・伊勢丹HD 1199 100 11.99 株主優待カード(10%割引、利用限度金額 15万円)
※2年以上継続して保有の場合、300株以上の株主は利用限度金額は2倍
3・9月 9005 東京急行電鉄 830 1000 83.0 「東急百貨店」買物10%優待券10枚、電車・東急バス全線きっぷ5枚、「東急ストア」買物50円優待券40枚、「東急ホテルズ」客室正規料金30%優待券8枚&飲食代10%優待券4枚、「東急病院」人間ドック基本料金10%優待券1枚、「Bunkamura ザ・ミュージアム」・「五島美術館」共通招待券4枚
3・9月 8252 丸井グループ 1457 100 14.57 株主優待カード(10%割引、買物限度金額10万円 )
3月 3395 サンマルクHD 2661 100 26.61 飲食代20%割引カード(すし処函館市場のみ10%割引)

※2016.2.12終値の株価で作成

上記表の株価は2月12日終値の株価を参考に作成されています。優待は良くも悪くも内容が変わることがありますし、都度ご自身で優待内容のチェックをしていただければと思います。

 

まとめ


株主優待は様々なものがありますが、「オーナーズカード」と言うジャンルから 投資を考えてみるのも面白いかもしれませんね。今後も他ジャンルの優待まとめを書きていきたいと思います。