お酒をもらえる株主優待14選


私も妻もお酒は好きでたしなむ程度に飲むことが多いです。

 

食品や雑貨など、いろいろなものがもらえる株主優待ですが、お酒を飲む人にとってはビールやワインなどがもらえる株主優待は実用的で嬉しいものです。

 

そこで今回は株主優待でお酒を進呈している企業はどれくらいあるのかをピックアップして表にしてみました。

 

あくまでお酒を進呈しているという点に焦点を絞って選んでいるので、業績等は考慮していませんが、お酒をもらえる株主優待はやや珍しいので、優待を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

 

※スマホの方は画面を横にすると表が見やすくなります(銘柄・株価更新 2018/8/19 )

 

お酒をもらえる株主優待14選


権利月

銘柄コード

銘柄名 株価

必要

株数

必要金額

1回分の優待内容(権利が2回の優待は下記×2回)
2・8月 3063 ジェイグループ 908 200 181,600円 4,000円相当の商品
・芋蔵(焼酎)1.8L
・絆笑(焼酎)1.8L
・新九乃紫(焼酎)1.8L
3・9月 3069 JFLA ホールディングス 418 500 209,000円 プレミアムビール詰め合わせ(350ml×10)
阿櫻・かまくら(特別純米・本醸造)セット(720ml×2)
高砂プレミアム梅酒3本セット(500ml×3)
常楽酒造 本格焼酎 芋・麦 飲み比べセット
3・9月 7918 ヴィアHD 702 100

70,200円

500円券×10枚で麦焼酎720ml、モルトウィスキー180mlと交換可。

100株増すごとに10枚もらえ、好きなものと枚数に応じて交換できる。

同社優待は食事優待券から割引券へと変更されました。

3月 7271 安永 1895 500 947,500円

伊賀の地酒(日本酒)720ml 2本セット

3月 4656 サン・ライフ 1015 100 101,500円 オリジナル金粉入りスパークリングワイン引換券
7月 3421 稲葉製作所 1268 300

380,400円

3,000円相当の日本酒
※1月の優待は、1,000円相当の自社オリジナル図書カードのみ
9月 2737 トーメンデバイス 2703 500 1,351,500円 輸入ワイン
10月 1873 日本ハウスHD 577 1000 577,000円 銀河高原ビール製造の「小麦のビール缶 12本セット」
11月 5942 日本フイルコン 568 100 568,000円 1,000円相当の限定ワイン
12月 6309 巴工業 2335 100 233,500円 ワイン1本
12月 2502 アサヒグループHD 4906 100 490,600円 1,000円相当の株主限定特製ビール(アサヒビール)
12月 2501 サッポロHD 2380 100 238,000円 350ml缶4本(サッポロビール)など
12月 2503 キリンHD 2559 100 255,900円 1,000円相当のビール(一番搾り3本セット等)(キリンビール)
12月 3003 ヒューリック 1019 300 305,700円

300株3000円相当のカタログギフト(お酒の種類が豊富です)3年以上継続の場合には2点。

参考記事)実際にもらった写真

上記表の株価は2018年8月19日終値の株価を参考に作成されています。

 

優待は良くも悪くも内容が変わることがあります。銘柄コードにヤフーファイナンスへのリンクをつけていますので、都度ご自身で優待内容のチェックをしていただければと思います。

 

また上記銘柄の優待内容に関しては、お酒に関することのみ記述しましたが、銘柄によってはお酒以外の優待を選択することも可能です。

 

業績を考慮した優待投資を行うために


優待投資は個人投資家が最も活躍できるフィールドです。

筆者の個人投資家としての経験に加え、元ディーラーのテクニックを融合した投資の方法を

余すところなく提供している本です。

 

※画像先で詳しい本の紹介を見れます。