IPO当落結果(日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命)

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日は、日本郵政3社のIPO当落結果について報告しようと思います。


ご 存じの通り、日本郵政・かんぽ生命・ゆうちょ銀行の3社が11月4日に同時上場します。当初、あまりにも巨大過ぎるということで、公開価格(上場前に事前 に買う価格)より初値(上場初日に初めてつく値段)が高くなるのか怪しんでいたのですが、ブックビルディング期間が先に終わったかんぽ生命とゆうちょ銀行 の公開価格が上限で決まったことや、自分たちが実際に応募してみて結構外れたことを鑑み、相当人気なんだなと思いました。


郵 政関連3社の中では、一番吸収金額(市場に上場する時に売り出される株数×公開価格。これが少なければ少ない程希少性も高く、初値も上がりやすい)が小さ いですが、業績が明らかに減益傾向であることと、公募価格が一番高い(2200)円ので、他の2社よりも投資初心者の人などが気軽に買いに来づらい=買い が入りづらく、初値高騰の起爆力に欠けるのでは、と思いSBIのポイントゲット分以外はブックビルディングしませんでした。

 

結果は下記の通りです。


【IPO当落結果】

日本郵政・ゆうちょ銀行共に全て落選、IPOポイントゲット

(SBI証券は、IPOに応募する度に当選率を高められるポイントを取得できます)

日本郵政・ゆうちょ銀行共に全て補欠当選するも、繰り上げならず

日本郵政・ゆうちょ銀行共に全て落選

野村証券

ゆうちょ銀行は私と妻100株ずつ当選、日本郵政は私100株当選、妻100株補欠当選の後、繰り上げ当選。

※実際のゆうちょ銀行当選画面
※実際のゆうちょ銀行当選画面
※実際の日本郵政当選画面
※実際の日本郵政当選画面
※実際の日本郵政繰り上げ当選画面
※実際の日本郵政繰り上げ当選画面

 SMBC日興証券

ゆうちょ銀行妻当選・私落選、日本郵政妻当選、私補欠抽選に応募するも落選。

※実際のゆうちょ銀行当選画面
※実際のゆうちょ銀行当選画面
※実際の日本郵政当選画面
※実際の日本郵政当選画面

 

こうして見てみると、主幹事証券会社である野村とSMBCからだけもらえた、という感じです。IPO当選のポイントは、できるだけ多くの証券会社から申し込むことと、配分できる枚数が多い主幹事となっている証券会社から応募することですが、今回なんとか複数枚もらえて良かったです。

 

ものすごく枚数が多い(例えば、規模が一番大きい日本郵政の場合、野村証券の抽選用配分枚数は89000枚位)割に、SBIなど全力ブックビルディングしても落選したので、落選した人が上場後セカンダリーで買いに来る可能性もあり、初値はそれほど悪くないのでは?と予想しています。

 

また、日本郵政やゆうちょ銀行は、「ゆうびん局」というあまりにも有名な事業内容であることと、配当もまあまあある(日本郵政23円、ゆうちょ銀行25円)ということで、今まで株式投資をしたことのない年配者や初心者の人たちも新規に買いにくる=初値では売らないだろう、ということで初値暴落、ということはなかろうと見ています。

 

相当巨大ですので、日経225を投資対象にしているファンドや機関投資家も買いつけなくてはならなくなりますし、かんぽの宿、など関連施設の優待発表期待などもあり得ると思っており、全て初値で売らず少しは中期保有しようかなと思案中です。

 

10月30日は、個人的には予想通り日銀金融緩和発表はありませんでしたが、あと2営業日、11月4日の郵政3社上場日まで相場が穏便に動いてくれるように祈っております。

 

参考記事:

IPO(新規公開株)

※IPOの基礎知識やHOW TOなど、下記コンテンツをまとめた記事になります。よろしければご参照ください。

  1. キホンのキ、IPOとは?
  2. IPO投資の種類とは?
  3. IPOで人気になる(上がる)株8つのポイント
  4. IPO公募当選するためには
  5. 各証券会社の抽選方法と特長まとめ
  6. IPOをやるのにお得な銀行口座の持ち方とは
このエントリーをはてなブックマークに追加
「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図
「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図

 

管理人:たにやん

職業:投資系ライター兼個人投資家

趣味:ロードサイクリングと旅行と温泉

特技:料理(大抵の物は作れます)

保有資格:2級ファイナンシャルプランナー

早稲田大学法学部卒の元証券ディーラー。株主優待株などイベント投資系の値動きや好業績株の上昇をとらえた中期投資に自信あり。ヤフーファイナンスにて投資の達人として活動中。取材・執筆依頼歓迎。