JAL(9201)の株主優待が到着!

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日、JAL(9201)の株主優待が到着しました。


航空運賃割引券が2枚と株主向け「海外・国内ツアー7%割引券」各2枚です。

 

これも、以前書いた記事の「やってみた!株主優待をタダで取得するクロス取引!」でご紹介した方法、優待タダ取りにて獲得した優待券。


優待取得のためのクロス取引、ちょっと手間はかかりますが、実際に手元に優待が来るとやってよかったなあと痛感します。


この優待券をどうするか、という話と、優待目当ての株取引をする上での注意点について今日は語りたいと思います。



もらった優待券、どうする?


JALの株主優待の場合、1枚で飛行機の大人普通運賃(小児の場合は小児普通運賃)1名分の片道1区間が50%割引となります。

国内の定期便全航路が対象、しかも年末年始にお盆、ゴールデンウィークなどの通常、運賃が割高になる時期もばっちり使える!

ということで、下記選択肢が考えられます。

  1. 自分で使う
  2. チケット・金券ショップに売る
  3. ヤフオクで売る

実家が遠くて帰省にいちいち飛行機を使わなくてはならない人、出張で飛行機に乗る人、旅行の予定がある人は1の選択肢がベストです。例えば、東京(羽田)→沖縄(那覇)間の年末年始(12月31日に出発、1月3日に帰る場合)の普通運賃は本日時点で48,390円。つまり、この券を使えば、2.4万円割引されるということです。


ですが、今の所旅行するつもりもなく、1の選択肢はナシということになりました。


また、株主優待でもらえる優待品の中には、非常に人気・需要があり高値で売れる・換金率が高いものがあります。このJALの株主優待もその一つなのですが、どこで売るか?で換金金額が変わってきます。


金券ショップ:3,000円~4,000円(例えば、大黒屋のネットショップだと3,000円)

ヤフーオークションの相場:1枚5,000円~6,000位(過去半年分の実際の落札金額を参照した結果)


ご覧の通り、出品というひと手間はかかりますが、ヤフオクの方が相場が良いことがわかりました。(金券ショップとヤフオク、どっちが高値で売れるかはその優待券や品、時期によって異なるので、いつもヤフオク!という訳ではない点ご注意を)


そこで、、この3連休の終わりごろはヤフオクもアクセスが増えるだろうと見て、今日もう出品しておきました。

優待券は、自分が使うもの・欲しいものをもらうのも楽しいですが、使うかわからないものであっても、人気のもの・高値で売れるものをチェックしておいて換金するのも楽しいです。配当金をもらっても、税金で20%パーセント持ってかれてしまいますが、優待券換金なら税金もとられないので。


優待目当ての株取引をする上で注意すべき点とは?


そして、優待券をゲットする場合には必ず下記2点をチェックすることが大事だと思います。


「最新の優待内容をその会社のHPで確認すること」

「年に2回以上優待を実施している場合、月によって優待内容は違わないか?」


優待の内容について記載されたその会社のIRページではない所に記載されている情報は、最新ではないことがあるからです。


例えば、私の場合主に四季報オンラインで株主優待の内容を見たり探したりしていますが、この優待券をクロス取引した際に、ANA(9202)も取得しようとしてました。いつもならクロス取引に必要な一般信用の売り枠がすぐになくなってしまうのに、9月の時はなぜか少し出遅れたのに枠が余っていたんです。そこで何か優待に関連する変更などないか懸念したのですが、その時点ではまだ四季報オンラインのページには記載がありませんでした。そこでANAのHPに行ってみた所、2016年6月1日以降の搭乗分から、一部の便で販売座席数に制限を設けるということが新たに書かれていました。一番この券を使いたい、ゴールデンウィークや年末年始などに制限がかかる予定だそうです。このことによって、従来よりも使い勝手が悪くなり、場合によっては今までJALとANAは同じ位換金金額だったのですが、ANAは値下がりする可能性もありそうだなと思いゲットするのをやめた次第です。


また、年に2回以上優待を実施する優待銘柄はたくさんありますが、例えば3月と9月で、もらえる優待の内容や必要株数が異なる企業も多くあります。クロス取引をして、わくわくして待っていたらもらえる株数を勘違いしていて何も届かなかった、ということがないように注意していきたいと思います。


実際、今回もらったJALも、3月は100株で1枚航空運賃割引券がもらえるのですが、9月は200株買わないと1枚もらえません。優待ライフを楽しむためにも、ひと手間ですが最新内容のチェックとその月の条件の再確認、重要です。

まとめ


優待投資には様々な手法がみられますが、今回はクロス取引という方法を使って優待を獲得することに成功しました。優待内容も株を買う前に最新の情報を念のためチェックしたことで、利用内容に制限が生じたANAではなくJALを選択してゲットすることができました。


クロス取引や他の優待投資の方法については下記の記事で詳しく解説していますので、参考にしていただけると幸いです。


参考記事)株主優待投資の全知識と裏技・注意点まとめ


このエントリーをはてなブックマークに追加
「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図
「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図

 

管理人:たにやん

職業:投資系ライター兼個人投資家

趣味:ロードサイクリングと旅行と温泉

特技:料理(大抵の物は作れます)

保有資格:2級ファイナンシャルプランナー

早稲田大学法学部卒の元証券ディーラー。株主優待株などイベント投資系の値動きや好業績株の上昇をとらえた中期投資に自信あり。ヤフーファイナンスにて投資の達人として活動中。取材・執筆依頼歓迎。