カワタ(6292)が記念配当と優待の拡充を発表!!

(カワタHPより)
(カワタHPより)

 2015年12月18日、カワタ(6292)が記念配当の株主優待の拡充を発表しました。

 

カワタは、ゴム・プラスチックをはじめとしたあらゆる素材の加工機器やシステムの製造販売をする企業。

 

現在は東証二部に上場しており、今回の優待拡充はこれから東証一部昇格へと向けた一つの施策かもしれません。

 

それでは記念配当、優待内容を確認して現在の株価データを詳しく見ていきましょう。

 

記念配当の実施に関して


カワタは、12月18日に12:00に記念配当の変更に関するお知らせを発表しています。

 

同日、配当予想の修正を発表しています。前回予想は中間期の5円と期末の5円を合わせて10円でしたが、ここに2円(記念配当)加わり12円と成りました。理由としては創業80周年を記念してということだそうです。

追加された優待は?


同じタイミングで、株主優待制度の変更に関するIRがでました。

変更ではなくて追加導入なので変更前の優待内容はそのままで新たに優待が追加されることになります。内容は以下です。

 

【変更前】

 

基準日 3月31日

 

500 株以上 1,000 株未満の株主に1,000 円相当の優待品、社会貢献活動団体への寄付

1,000 株以上の株主に1,500 円相当の優待品、社会貢献活動団体への寄付

 

【追加導入】

 

基準日 3月31日・9月30日

 

100 株以上の株主に、500 円相当の QUO(クオ)カードを贈呈

 

 

500株以上の株主でないともらえなかった株主優待が、100株以上保有の株主から優待がもらえるようになりました。しかも今までは3月のみだったものが、これからは9月も実施されるということでかなり気合の入った拡充ではないかと個人的には考えています。100株保有の長期投資家を増やそうという施策であることは目に見えているので、現在東証2部であるカワタが、株主数を増加させこれから東証一部指定を狙って動き始めているのかもしれませんね。

 

ただ株主数はいまだ1000人程度ですので、既定の2200人へと株主数を増加させるにはこれから分割や分売といったイベントをこなしていく必要がありそうです。

発表前後の株価の動きと株価データ


上記チャートがカワタの直近の日足株価の動きです。発表日(↓の地点)は激しく動いています。出来高も増加し、ちょうど↑矢印の大幅下落と同じくらい売買高があることがわかります。

 

ちょうどお昼休みに発表されたこともあり、後場寄りから買い気配が切り上がり600円台を回復、その後売り買い交錯と言う形で1日が終わった模様です。

 

筆者もこの株は仕込みましたが、しばらくは保有しておこうと思います。銘柄の詳しい数値は以下になります。

 

株式データ(12月18日終値ベース)

  • 時価総額46億5000万
  • 発行済株式数721万株
  • 配当利回り
  • PER 5.31倍《来期9.68倍》
  • PBR 0.57倍

 いまだ割安。

 

四季報を見ても、営業利益が順調に伸びていますし、四半期進捗率が過去3期平均を上回っていますので、財務面での健全性が高いと判断できればこれから買増しも考えようかと考えております。

まとめ


今回は優待の拡充でしたが、企業の優待新設や拡充などはその後の企業の市場替えなどの動きにもつながってい来る重要なイベントです。優待株は知れば知るほど奥の深いものとなります。

 

優待株を探したいという方は記事下の方にある「株主優待ランキング110」を参考にしてください。また株主優待をタダで取得する「クロス取引」という手法もありますので、こちらも下方にある「株主優待の全知識と注意点まとめ」を参考にしていただければと思います。

 

お得に優待ライフを楽しんでいただければ幸いです。

優待タダ取り(クロス取引が可能な証券会社)


クロス取引だけでなくIPO(新規公開株)もポイント制、手数料も業界最安値基準の保有必須口座。

 

カブドットコム証券

一般信用売りの取り扱い銘柄数最多、 投 資情報やスクールが無料などサポートも豊富。

 

IPOは平等抽選、10万円以下の取引はいつでも無料、初心者にやさしい証券会社。

このエントリーをはてなブックマークに追加
「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図
「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図

 

管理人:たにやん

職業:投資系ライター兼個人投資家

趣味:ロードサイクリングと旅行と温泉

特技:料理(大抵の物は作れます)

保有資格:2級ファイナンシャルプランナー

早稲田大学法学部卒の元証券ディーラー。株主優待株などイベント投資系の値動きや好業績株の上昇をとらえた中期投資に自信あり。ヤフーファイナンスにて投資の達人として活動中。取材・執筆依頼歓迎。