フジ・コーポレーション(7605)東京二部への指定替え発表と売り出しを発表

フジコーポレーションはタイヤ・ホイール専門の販売店「タイヤ館」を営業している企業です。東北を地盤に北陸・関東で、高級店「スペシャルブランド」やサテライト店「フジファイブデイズ」を直営展開しています。

 

これまでJASDAQに上場(1999.6上場)していましたが、2016年1月6日に東証二部への上場を発表しました。同時に株式の売り出しも発表しています。

 

明日以降の株価の動向が気になる所です。さて早速株式データ等を見ていきましょう。

 

フジ・コーポレーションの株価データ


下記は1月6日時点での株価のデータです。

 

  • 時価総額203億8600万円
  • 発行済み株式数968000株
  • PER12倍
  • PBR2.36倍
  • 株主数1536名

 

となっております。

 

個人的にざっと計算したところでは流通株式比率と流通株式時価総額は東証1部指定条件を満たしてる模様ですので、今後のフジコーポの施策を見守って行きたいと思います。

 

なお市場変更後の待機期間のルールが定められており、下記の通りになっております。

 

日本取引所グループの一部指定・市場変更に係る待機期間に関するルール

東証1部指定を受けるための待機時間に関するルール
東証1部指定を受けるための待機時間に関するルール

なお株主数を増やすための施策としては、優待の新設や拡充、立会外分売の実施などを行うことがあります。フジコーポは過去に優待拡充を何度か行っていますので、今後も似たような施策をする可能性があると言えそうです。

 

1部狙いの施策が今後行われるようであれば筆者も積極的に狙っていきたいと考えています。

「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図
「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図

 

管理人:たにやん

職業:投資系ライター兼個人投資家

趣味:ロードサイクリングと旅行と温泉

特技:料理(大抵の物は作れます)

保有資格:2級ファイナンシャルプランナー

早稲田大学法学部卒の元証券ディーラー。株主優待株などイベント投資系の値動きや好業績株の上昇をとらえた中期投資に自信あり。取材・執筆依頼歓迎。