ドトール日レス(3087)が優待の変更を発表!!

(引用元:ドトールHPより抜粋)
(引用元:ドトールHPより抜粋)

たにやんです。

 

昨日いったん日経平均株価は大幅反発したものの本日はその上げを帳消しにするかのような大幅下落となりました。

 

引きにかけて戻したものの、いまだ市場は落ち着きを見せていない状況が続いています。

 

さて、本日ドトールコーヒーで有名なドトール日レスが優待制度の変更を発表しました。

 

個人的にここの株は買ったことがないのですが、内容が変更されたということなので備忘録のために書いておきます。

株主優待の変更内容


【現行の株主優待】※2月末 年1回

 

  • 100株以上500株未満 2500円相当の商品
  • 500株以上 4500円以上の商品

 

【変更後の株主優待】※2月末 年1回

 

  • 100株以上300株未満 1000ポイント(1000円分)のバリューカード
  • 300株以上500株未満 3000ポイント(3000円分)のバリューカード
  • 500株以上 5000ポイント(5000円分)のバリューカード

 

となっています。商品からポイントカードへと移行。

 

最低単元(100株)だけ保有していた投資家さんにとってはちょっと痛い優待内容の変更となっています。1500円分なくなるわけですからね^^;

 

適用は平成28年の2月29日の権利確定分から。

 

バリューカードの使い方は優待内容変更お知らせページで詳細に解説されてるのでそちらをごらんください。

 

株価データ(1月14日終値ベース)


さて14日終値ベースでの株価データです。

  • 時価総額 933億7500万円
  • 発行済み株式数 50,609,761株
  • 配当利回り 1.52%
  • 1株配当 28円
  • PER 15.89倍
  • PBR 0.94倍

となっています。

 

変更に気づいてない投資家さんもたくさんいるでしょうから、この影響はじわじわと出てくるかもしれませんね。ちなみに本日は、同じ外食産業のクリエイトレストランがわずかながら増配を発表しておりますね。

 

 

まとめ


本日はドトール日レスの優待内容変更についてまとめました。

 

企業の優待新設や拡充などはその後の企業の市場替えなどの動きにもつながることがある重要なイベントです。

 

優待株は知れば知るほど奥の深いものとなります。

 

優待株を探したいという方は記事下の方にある「株主優待ランキング110」を参考にしてください。また株主優待をタダで取得する「クロス取引」という手法もありますので、こちらも下方にある「株主優待の全知識と注意点まとめ」を参考にしていただければと思います。

 

お得に優待ライフを楽しんでいただければ幸いです。

優待タダ取り(クロス取引が可能な証券会社)


クロス取引だけでなくIPO(新規公開株)もポイント制、手数料も業界最安値基準の保有必須口座。

 

カブドットコム証券

一般信用売りの取り扱い銘柄数最多、 投 資情報やスクールが無料などサポートも豊富。

 

IPOは平等抽選、10万円以下の取引はいつでも無料、初心者にやさしい証券会社。

「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図
「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図

 

管理人:たにやん

職業:投資系ライター兼個人投資家

趣味:ロードサイクリングと旅行と温泉

特技:料理(大抵の物は作れます)

保有資格:2級ファイナンシャルプランナー

早稲田大学法学部卒の元証券ディーラー。株主優待株などイベント投資系の値動きや好業績株の上昇をとらえた中期投資に自信あり。執筆依頼等歓迎です。