「となりの億万長者」読んでみました

先日フラッとブックオフに立ち寄ったら「となりの億万長者」という本が500円で売っていたので買って読んでみました。内容は読みやすく、資産運用をする際にタメになる本だと一通り読んでみて感じたので、今回は本の内容と感想を簡単に書いていきます。

 

この本の趣旨は、「億万長者として成功するためには法則がある」ということです。億万長者として成功するには給料の多い少ないでなく、その人のライフスタイルが密接に絡んでいますよということを7つくらいの項目にして解説しています。

 

ちなみに成功を生む7つの法則というものがあってそれは以下の通り。

 

 

 


 

  1. 彼ら(億万長者)は、収入よりはるかに低い支出で生活する
  2. 彼らは、資産形成のために時間やエネルギー、金を効率良く配分している
  3. 彼らは、お金の心配をしないで住むことの方が、世間体を取り繕うよりずっと大切だと考えている
  4. 彼らは、社会人となった後は親からの経済的な援助を受けていない
  5. 彼らの子供達は経済的に自立している
  6. 彼らは、ビジネスチャンスをつかむのが上手だ
  7. 彼らはぴったりの職業を選んでいる

 

~書籍より引用しました~(※内容詳しく知りたい方はぜひ直接読んでみてください)

 

書籍の中では資産を多くためている人を「蓄財優等生」、その逆を「蓄財劣等生」と言っています。この優等生か劣等生かを見極めるためには公式があります。年齢と年収の割にお金を貯められていない人は、後者の劣等生になってしまいます。

 

この本を読んでみると金持ちになるための資産運用の土台は、株式や不動産投資といった金融資産運用知識だけでなく、無駄な出費をできるだけ省くライフスタイルの確立が大事なのだとわかります。

 

億万長者になるような蓄財優等生は、モノを買う際に株式投資でいうところの「割安株投資」の視点を持っているのだと考えられます。

 

ものを買うときもできるだけ価値に見合った分しかお金は出さない、価値より高いものは絶対に購入しないという強い意志を持ったライフスタイルを確立してるようです。

 

この考え方は自分もぜひ見習っていきたいです。今回この本は500円で購入しましたが、安い買い物だったな~と感じました。Kindleで出てないのが残念。

 

個人的には投資を始める前の段階で読んでおくべき本だな、と思いました。

私が読んだのはこちらですが、下記の青い表紙の新装版だと、定価でも半額以下のようです。

「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図
「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図

 

管理人:たにやん

職業:投資系ライター兼個人投資家

趣味:ロードサイクリングと旅行と温泉

特技:料理(大抵の物は作れます)

保有資格:2級ファイナンシャルプランナー

早稲田大学法学部卒の元証券ディーラー。株主優待株などイベント投資系の値動きや好業績株の上昇をとらえた中期投資に自信あり。取材・執筆依頼歓迎。