食事券系優待まとめ10選を作ってみた

たにやんです。

 

基本的には私は優待投資が好きなので優待についてはいろいろと調べています。

 

例えば、大和インベスターリレーションズの発行する株主優待ガイドやヤフーファイナンス、優待投資家さんたちのブログやザイなんかを徹底的に読み込んで自分が見逃している優待はないか、隠れ優待はないかと日々研究をしている状態です。

 

そこで今回は個人投資家に人気の高いといわれる食事券系等の優待を10個選んでまとめました。

 

※写真はアトム優待で居酒屋「北海道」で大量盛り食べた時の画像です。

 

 

食事券系優待10選まとめ


権利月

銘柄コード

銘柄名 株価

必要

株数

必要金額(万円)

1回分の優待内容(権利が2回の優待は下記×2回)
12・6月 2702 日本マクドナルド 2382 100

23.8

食事券1冊 ※1冊にバーガー類、サイドメニュー、飲物、3種類の商品の無料引換券が1枚になったシート6枚入り
12月 3197 すかいらーく 1384 100

13.8

ガスト・すかいらーく等食事券500円×4枚
2・8月 9861 吉野家 1460 100

14.6

吉野家食事券300円×10枚
2月 9945 プレナス 1852 100 18.5

やよい軒・ホットもっと等食事券500円×5枚

3・9月 9873 日本KFCHD 1981 100 19.8 ケンタッキーまたはピザハット食事券500円
3・9月 7616 コロワイド 1674 500 83.7 株主優待ポイント20,000ポイント付与(1円単位、アトム・カッパ・クリエイトと共通で使用可)
3・9月 7412 アトム 682 100

6.8

株主優待ポイント2,000ポイント付与
500株:10,000ポイント
1,000株:20,000ポイント
3・9月 7550 ゼンショーHD 1458 100 14.5 すき家・ココス等食事券500円×2枚
3・9月 7421 カッパ・クリエイトHD 12.2 100 12.2 株主優待ポイント3,000ポイント付与
1,000株:6,000ポイント
2,000株:12,000ポイント
3月 2705 大戸屋 2085 100 20.8 大戸屋食事券500円×5枚

※注意点としては、人気のある食事券優待をまとめているだけですので、業績は各自でチェックをお願いいたします。

 

また昨年の年末にお酒をもらえる優待15選もまとめましたので、良かったら参考にしてください。

 

優待投資は初めて見ると結構楽しくて筆者もだいぶはまっています。自分が優待株を探す上で注意していることもここではご紹介します。

 

優待株投資をする上での3つのポイント


優待株投資はぶっちゃけいいです。

 

私も投資を始めてまだ8年ほどの若輩者ですが、いろいろと投資をしてみて感じたのが「しっかりと働いて給料を得て余った分で優待株を買っていれば、そのうち億り人になれるんじゃね?」って思っています。

 

生活でかかるお金が優待によってかからなくなり、その分を投資に回せるようになるというのは「ミリオネアへの第一歩」ですよね。

 

さて、優待株を選別する上ではやっぱ重要だなと思うのは、

 

  1. 優待株にどんなものがあるのかを徹底的に知ること
  2. 業績をチェックすること
  3. 権利確定月のチェック

 

の3つかなと考えています。

 

1は最重要

 

同じくらいの値段の優待を提供している会社でも、株式を買うための必要投資金額が大きく異なることも多々あります。知っているかいないかで大きな差がつくのです。

 

自分がどうやって優待を探しているかは次の項目でご紹介します。

 

2はその次に重要

 

優待企業の場合は業績が良くないからと言って必ずしも売られないということが分かります。

 

もちろん優待内容が良く、企業の業績も良い企業でまだそれほど高くない企業を見つけて買うのがベストです。特に優待を新設したばかりの企業だと優待内容も企業業績も結構いいのに株価が割安に放置されていることも多くあります。

 

3の権利月ですが、これはいわゆる売買するタイミングの話になってきます。優待の場合、権利月が決まっているので権利確定の直前に買ってしまうと当然高値付近を掴んでしまうこともあります。目安としては、権利確定した2か月後くらいを狙って株価が下げとまったところを狙うなどという方法があります。

 

下記の記事でも詳しく解説していますので参考にしてください。

 

「株主優待の全知識と注意点まとめ

 

優待株の探し方


いきなり画像を放り込んでますが、上記3つの画像の内、向かって左から「株主優待ガイド2016年版」(大和インベスターリレーションズ)、ダイヤモンド・ザイ(優待特集があるとき)、四季報です。

 

では簡単に説明しています。

 

1 「株主優待ガイド2016年版」(大和インベスターリレーションズ)

 

これは2016年から買い始めたのですが、企業データが豊富、写真付きで見やすい、金額別にまとめてあるなど優待投資を徹底的に楽しみたい人向けに作られています。たぶん毎年出ているのでしょうから、優待投資をするなら買って損はないかなと思います。自分自身最近の大暴落時に仕込んだいくつかの銘柄は、この書籍から選ばせていただきましたがなかなか高パフォーマンスを上げてくれています。

 

2 ザイ

 

言わずとしれたザイです。優待特集している時だけ購入しています。たまーに自分が知らない優待が載っていると「おっ!」てなります(笑) 漫画がとっても面白いです。

 

3 四季報

 

四 季報最後のほうに株主優待に関して載っていますが、とても見にくいです。でも企業業績と優待内容を同時にチェックしたい場合には最高の書籍です。(※優待 のある企業の場合、企業情報欄に小さく優待と書いてあります。業績チェックの際についてにそこも見るというスタンスで行くといいかもしれませんね)

まとめ


今回食事券のまとめ記事のご紹介をしましたが、これ以外にもたくさんの食事券優待はあります。個人的には海帆(3133)、SFPダイニング(3198)、クリエイトレストランツ(3387)あたりはいいんじゃないかと思っています。

 

ぜひご自身の応援したい会社を見つけて優待投資をスタートさせてみてください。

 

優待タダ取り(クロス取引が可能な証券会社)


クロス取引だけでなくIPO(新規公開株)もポイント制、手数料も業界最安値基準の保有必須口座。

 現在下記キャンペーン中でお得です。

カブドットコム証券

一般信用売りの取り扱い銘柄数最多、 投 資情報やスクールが無料などサポートも豊富。

 

IPOは平等抽選、10万円以下の取引はいつでも無料、初心者にやさしい証券会社。

「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図
「人の行く裏に道あり鼻の穴」の図

 

管理人:たにやん

職業:投資系ライター兼個人投資家

趣味:ロードサイクリングと旅行と温泉

特技:料理(大抵の物は作れます)

保有資格:2級ファイナンシャルプランナー

早稲田大学法学部卒の元証券ディーラー。株主優待株などイベント投資系の値動きや好業績株の上昇をとらえた中期投資に自信あり。取材・執筆依頼歓迎。