四季報発売。早速読んでみた

たにやんです。

 

今週月曜日に四季報が発売されましたね。自分の場合は四季報を年間で定期購読しているので、日曜日に届きました。

 

その中から、チェックしていた銘柄の一つ「ケイアイスター不動産」を買ってみたら昨日、そうそうに上方修正と増配の発表をして、本日上昇してくれました^^

 

今後の成長性と現在の割安性、高配当利回りなため保有を継続しています。

 

さて早速四季報の中身について書いてきます。

強き少なしな印象の四季報予想


四季報を読む際の注目ポイントの一つに強気(にこちゃんマーク)があると思いますが、今回はそのマークが少ないように感じました。

 

また業績展望の金融を除く全産業の売上高営業利益率が前号と比べて、0.14%ほど減っているということです。

 

企業業績の鈍化が徐々に鮮明になっていますが、その中でも強気の業績予想を持つ銘柄はありますので、以下自分が気になる銘柄をいくつかピックアップしました。

  • 6061 ユニバーサル園芸社
  • 6074 ジェイエスエス
  • 3399 丸千代山岡屋
  • 3288 オープンハウス
  • 3465 ケイアイスター不動産

3465 ケイアイスター不動産のみ購入して保有している状態。オープンハウスは現在迷い中と言ったところ。ほかはタイミングを見てはいるかどうかを決めていきたいと思います。オープンハウスはお得な優待もついていますね。

 

四季報投資に使える1冊


おすすめの1冊は会社四季報超活用術です。四季報をちゃんと読んでいくうえで有用な1冊だと思っています。

 

この本は実は、うちの嫁が「四季報セミナー」に出た時にその会場で販売されていたものを購入したそう。自分も読みましたが初心者向けに優しく解説されていて非常に読みやすいです。

 

※上記をクリックすると口コミなど見ることができます

まとめ


今回の四季報では強気予想の銘柄のなかでも指折りの物を見つけるのになかなか苦労しましたが、探せばまだまだお宝な株式は見つけられるなと思いました。

 

四季報で注目した株式の値動きは今後も追っていこうと考えています。

 

参考記事)四季報投資に関する情報まとめ