株価の流れ(トレンド)がどうなるか知りたいって?ならダウ理論を学ぼう

たにやん(谷山歩)です。

 

株価は波を作りながら上下や横へと移動していきます。そしてその動きの傾向や流れのことをトレンドといいます。

 

 

このトレンドを把握するうえで役に立つ考え方にダウ理論というものがあります。

 

 

 

トレンドを正しく捉えるためには株価の上下動に着目したうえで、トレンドが本当に発生しているのかとか、トレンドの質を認識する必要があるのだそうです。

 

 

 

早速みてきましょう。

 

ダウ理論とは


ダウ理論には、下記6つの法則があります。

 

  1. 株価平均は全ての事象を織り込む
  2. 株式市場におけるトレンドには期間別に3種類
  3. 株式市場のそれぞれのトレンドに3つのステージがある
  4. 出来高はトレンドとともに動く
  5. 確認の原則
  6. トレンドの転換は波動に対して、直前の高値を抜けず、直前の安値を下回った時である。

 

 基本的には株価の波を把握するための理論なのだそうです。一つずつ見てきます。

 

 

1 株価平均は全ての事象を織り込む


ダウ理論においては平均株価の動きはファンダメンタル的な要素、つまり企業の業績やニュース、経済統計や予測できない自然災害等など株価の流れを作っていく全ての要素は現在の株価に織り込まれていると考えているようです。

 

 

 

この考え方に基づくからこそ、テクニカル分析が成り立ちます。

 

 

 

テクニカル分析トレーダー(チャーチスト)が利用するチャートなどに基づき株価の波をつかまえようとするのも、このような考え方が根底に有るんですね

 

 

2 株式市場におけるトレンドの中に期間別にわけて3種類ある


期間別に分けると、トレンドは3種類。

 

  1.  1年以上~数年間の長期のトレンド(主要トレンド)
  2. 3週間から3か月程度継続する中期的な訂正トレンド(2次的トレンド)
  3. 一般に3週間未満程度の短期トレンド(小トレンド)

 

 

トレンドについていく投資家さん、通称トレンドフォロワーにとっては重要な法則だといえそうです。確かに長期チャートを見ると、上記のようなトレンド形成によって株価は動いているようにも見えます。

 

 

3 株式市場のそれぞれのトレンドに3つのステージがある


トレンドの3つのステージ。

 

  • 先行投資家が株を買い始めるステージ。(長い時間をかけて下がっていた株価が盛り返しはじめる時期。)
  • 上昇を確認してから株を買う投資家がトレンドに追随して来るステージ。(トレンドがすくすく育っていく時期。)
  • 遅れた投資家が買いに来るステージ。(ババを引く確率が高い時期) トレンドの終わりに近づくとき。先行投資家は利食いをする時期でもある。

 

 

株を買うなら最初のタイミングで仕込みたいものです。

 

 

 

大抵は第2ステージ、第3ステージで株を買ってしまい焦ることもしばしばですね(汗)。

 

 

4 主要な株価平均はほかの主要な業種の指数によっても確認される必要がある


主要な株価平均はほかの主要な業種指数でも確認される必要があって、その確認が取れないのであればそれはトレンドとは言えないというものです。

 

ダウ理論が確立された当時のアメリカでは運輸産業が盛んでしたので、運輸業種指数が平均株価と同じトレンドにあるかどうかを確認することで、平均株価のトレンドが本物なのかどうかを確認するというものです。

 

日本の金融市場であれば、大手金融株なんかがこれに該当するでしょうか。UFJとか野村とか。

 

5 トレンドは出来高でも確認される必要がある


トレンド発生の一手段として、出来高の増減を確認する。

 

新しいトレンドが発生するときは出来高の急な増加が伴います。また長期の上昇トレンドで最初のステージで出来高は増え、トレンドの終わりに向けてじょじょに出来高は減っていくのだそうです。

 

株価の高低だけだとだまされてしまうかもしれませんが、確かに出来高(volumes)の考え方をいれると正確性は増すかもしれませんね。

 

6 トレンドの転換は波動に対して、直前の高値を抜けず、直前の安値を下回った時である


 

トレンドを把握するための理論です。

 

株が波を作りながら上昇する場合は、株価は下の図のように直近の安値を下回らずに、そして直近の高値を上回りながら進んでいくはずです。

 

株価の上昇や下落の波をとらえるための基本的な考え方です。

 

トレンドは上昇していくときには、安値を切り上げ、高値を更新しながら進んでいきます。長期のトレンドでも短期のトレンドでも基本的にはこの考え方に基づいていますので、トレンドの転換を見定めるためには必要な理論ですね。

 

ここまでの流れイメージしてみると↓なかんじ?

 

NYダウに関していえば、いまはまだ中間期なのかもしれないですね。

(高値更新してるし)

 

まとめ


株式投資をするならば覚えておいて損はない理論ですね。

 

テクニカル分析をしない人でも、株価の流れや群集心理からおこる出来高の増減などは十分投資に使えると思います。

 

 

本日の1冊


※画像先で詳しい商品説明が見れます。

 

優待投資でおさえておくべきポイントを解説するとともに、証券ディーラーの知識なども入っています。

 是非読んでみてください(Amazon kindle limitedだといつでも無料)

 

よろしくお願いいたします。