アクトコール(6064)下方修正予想

たにやん(谷山歩)です。

 

アクトコールが下方修正を発表。

 

ぶっぱなしてくれましたよ、この年の瀬に。。。

よりによって大納会に。。。。

 

会社としては本年中に出して忘年したかったんでしょうけど、株主としては忘れられない大納会になったぜよw

 

以下、下方修正の内容です。

 

(つづく)

 

企業側のIR内容


売上高は微増(5.3%増)だったのものの、純利益が46.1%減とかなりの下方修正予想となっています。

 

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120161228465397.pdf

 

これは痛い!もともと業績はそれほどよくはない優待株でした。しかし、15年から業績はじょじょに復調し、その流れは16年も続くことが予想されていました。それに加えて下記の3つの要素が16年の株価の上値追いに貢献していました。

 

  1. 高利回り優待(6000円相当の食事券)
  2. AIというはやりのテーマを事業へ取り入れることを発表
  3. 株式分割

さすがに、この感じだと来年の大発会は売られるかなといったところ。自分はアクトコールは16年に利益を出せてくれた銘柄としてお気に入りでした。また優待権利取得の前に利食いを入れていたのですが、優待権利取得後に株価が横ばい推移にうつっていたので、複数単元買い戻して保有していましたが、まさかこんなことに。。。

 

ただ下方修正の理由を見てみると、本業が伸び悩んでいるわけでなく、AI事業への設備投資、事業立ち上げ、飲食店事業の新店舗拡大など中長期的な企業価値向上を目指した設備投資の結果とのことです。

 

そのため、もし来月以降大きく売られたとしても、逆に買い場と判断して買い増しを行おうと考えています。

 

大納会ですが、このような持ち株に下方修正が出たことは、改めて「株は何が起きるかわからないこと」をアクトコールが教えてくれたと前向きにとらえて、2017年を迎えたいと思います。

 

管理人の書籍が出ています


※画像先で詳しい商品説明が見れます。

 

筆者が先日発売した本です。

優待投資でおさえておくべきポイントを解説するとともに、証券ディーラーの知識なども入っています。

 

是非読んでみてください(Amazon kindle limitedだといつでも無料)

 

よろしくお願いいたします。