ブックオフ(3313)優待の拡充を発表でも下方修正&減配(ノ∀`;)

たにやん(谷山歩)です。

 

 

ブックオフが優待の拡充を発表しました。

ただ、同時に業績の下方修正と減配を発表しました。

 

本当は減配だけを発表したかったのに、なんとかしてお客さんにお店には来て欲しいので、優待は増やしたといった「いたちの最後っ屁(悟空)」感が拭えません(筆者はブックオフ嫌いではないので決してけなしているわけではありませんよ。)

 

以下、下方修正の内容です。

 

(つづく)

 

企業側のIR内容


・優待の拡充(→のさきが拡充後の商品券の値段)

 

3月末100株以上保有で以下。

 

100株 1000円相当(3年未満) 1500円相当(3年以上)

→ 2000円相当(3年未満) 2500円相当(3年以上)

 

200株 2000円相当(3年未満) 3000円相当(3年以上)

→ 3000円相当(3年未満) 4000円相当(3年以上)

 

500株 2000円相当(3年未満) 3000円相当(3年以上)

→ 5000円相当(3年未満) 7500円相当 (3年以上)

 

・業績の下方修正

 

第3四半期大幅に減額。

 

主力商品の販売が低調に推移しているようですね。

 

確かに、五反田のブックオフとかに行くと、みんな立ち読みばかりしていて商品を買うような雰囲気はあまりありません。若者とかみんな「ブックオフ=立ち読みする場所」と思っているのではないかなw

 

まあ、実用書とかはそこそこ売れているように感じます。投資の本とかはたまに安い値段で良書が手に入ったりします。

 

自分が時々ブックオフ行って思うのは、アパレル?洋服の買取はやめたほうがいいのではないのかということ。

まあ二束三文で買い取っているのでしょうけど、あの値付けで着古された服を売っていては、そりゃ在庫過多にもなるでしょう。

 

・減配

 

年間25円→10円

 

うーん。

 

残念無念といった感じ。

 

管理人の書籍が出ています


※画像先で詳しい商品説明が見れます。

 

筆者が先日発売した本です。

優待投資でおさえておくべきポイントを解説するとともに、証券ディーラーの知識なども入っています。

 

是非読んでみてください(Amazon kindle limitedだといつでも無料)

 

よろしくお願いいたします。