ふうちゃんファンド〜戦略2018「売買タイミング①買う」

たにやん(谷山歩)です。

 

2018年のふうちゃんファンド戦略を書いてみようと思います。

 

今回は「売買タイミング」のうちの買いの方。

 

買いのタイミングというのは資金管理や銘柄選定と同様に重要だと考えています。

 

せっかくいい銘柄を選べていても買えなかったがために大きな利益を今まで何回逃してきたことか・・・(涙)

 

・・・さて、買うタイミングです。

 

自分が株を買うタイミングというのはなんらかのスイッチがはいった銘柄が多いです。材料の有無、そして材料の良し悪しに関わらずに「あ!動き出したな!!」というタイミングでは積極的に狙っていきます。

 

判断にはもっぱら株価チャートと注文板を活用しています。

 

しかし、これは結構感覚的なものだと思います。チャートを見ているからといって「移動平均から〜%離れた」とか「出来高が〜○日平均からどれくらい増加した」とかいったものではないのです。

 

ムクムク〜という感覚が自分の中で生じるタイミングがあり、その感覚を頼りに買っている場合が多いかなと思います。

 

そして、その判断が生じたら即買います。買い指値をつかうことはほとんどなく、最良気配の売りを買うという形ですね。成り行き買いにも近いです。

 

良いと思った銘柄を指値で買おうとすると買えない場合が多く、その後どんどん上がっていくことが多いからです。

 

買いに関してはほとんど指値は使いません。

 

なんか非常に感覚的な文章になってしまいましたが、自分と近い感覚を持っている方は「あ〜わかるわかる!」といってくれるのではないかな。

 

ではでは。

 

谷山