お金の賢い使い方⑤~子供の教育をしっかりと考える

谷山です。

 

ひさしぶりに「お金の知識」カテゴリのお金の賢い使い方⑤を書いてみます。

本日も前回に続き「こどもの教育」に関して。

 

うちのふうちゃんも1歳9月程度になり、「かして」とか「みたいよ」とか「おきて〜」などの言葉を喋り出すようになりました。ときには「わんわんみたいよ」などの二語文も・・・

 

すでに彼女のなかでは凄まじい脳・肉体による学習がフル回転しているようで1日1日が別人に変わっているような感じ。

 

さて、こどもへの教育という面では1歳児でもなんらかの教育を考えてあげる必要がありますが、我が家では

 

⑴ こどもがのびのび育つ「モンテッソーリ教育」

⑵ 幼児のからだの動き・育成を発達させる「ジム」

 

を受けさせてみることにしました。こちらは両方とも妻からの提案なのですが、こどもをのびのび育てることに重きを置き、想像力と自立性を高めるのだそうです。

 

月ベースで言えば年間ではおそよ60万円程度の投資ですが、将来的なことをかんがえると非常に割安な優良銘柄(銘柄はおかしいか・・笑)への投資だと考えてます。

 

こどもが自分の手元にいる時間より、自立してからの人生の方がはるかに長いからです。

 

ちなみにモンテッソーリなどは教室へかよわずとも、実践は可能なようです。

 

モンテにかんしては非常におもしろいのでブログでも随所で紹介していけたらと思います。

 

 

ではでは。